アトピーの悩みとその改善策について

私は子供の頃からアトピーに悩まされてきました。背中や手首、腕、首に湿疹ができ、湿疹ができた箇所は痒くなり、皮膚も赤く腫れあがった状態になりました。皮膚が赤く腫れあがった状態なので、見た目も悪く、湿疹ができると洋服で隠したりしました。しかし、湿疹箇所に洋服の生地が触れると症状が悪化し、とても悪循環な状態に陥ってしまいました。
アトピーは見た目の悪さも悩みの一つですが、私にとって一番の悩みは、湿疹箇所の痒みでした。病院から痒み止めの薬を処方されていましたが、あまり効果がなく、痒みは治まることはありませんでした。
起床して、自分の手を見ると、爪の間や指先に血が付着していることもあり、シーツや布団が血で汚れていることもありました。湿疹箇所を掻いてしまうと、治りが遅くなるので、自分の体を守る為にも手袋をして眠っていました。
アトピーの改善の為に体質改善も行いました。食事のバランスを考えたり、運動も定期的に行うようにしたり、野菜中心の食生活にするなど色々試しましたが、思ったほど効果はありませんでした。
アトピーを悪化させない為に気を使っていることは、体を洗いすぎないことです。洗いすぎは、アトピーに悪影響を及ぼします。何故かと言うと、皮膚のバリア機能まで落とすことになるからです。私は体を洗う時はタオルを使わず、手で石鹸を十分に泡立てて、手で洗うようにしています。
最近、アトピー改善の為に行ったことは、自宅のお風呂場のシャワーヘッドを塩素を除去できるシャワーヘッドに取り替えたことです。今まで、入浴後、湿疹箇所が赤くなり、痒みが増すことに悩んできました。痒みに負け、湿疹箇所を掻いてしまい、症状を悪化させてしまうこともしばしばありました。シャワーヘッドを取り替えてから、体の痒みも減り、赤みも落ち着いてきました。やはり、お風呂の水に含まれる塩素に皮膚が負けてしまい、かぶれてしまっていたようです。
アトピーと診断され、処方されている薬にステロイドを含む薬を多く処方されてきました。私の場合は、ステロイド医薬品を使用しても、ある程度までしか改善されず、アトピーの鎮静と悪化を繰り返しました。ステロイドは強制的に症状を抑えてくれますが、アトピーの根本を治してはくれません。ですが、症状が一時的でも落ち着いてくれるので手放すことができない薬になってしまっています。これからもこの薬に依存し続けていいものかどうか、とても悩んでいます。
最後に、アトピー改善に必要なことは、自分に合ったスキンケアを見つける事だと感じました。それがアトピー改善の第一歩だと思います。これからも、アトピー改善の為、良いと思うことがあったら色々試して行きたいです。