花粉症やアトピー、アレルギー体質の私の体験談

私は小さい頃から腕にアトピーがあり、小学校を卒業するまで悩んでいました。
しかしそのアトピーも中学、高校、大学と成長するにつれ症状が軽くなり、今では季節の変わり目に首の後ろに小さなアトピーが出来る程度におさまりました。

 

アトピーはもともとアレルギー体質の人がなりやすい症状ですが、私の場合はアトピー以外にも花粉症や猫アレルギー、金属アレルギー、埃やハウスダストのアレルギーもあり、先日は合わない化粧品を使用したのか、肌が赤くただれて大変な事になり、皮膚科に駆け込みました。

 

皮膚科の先生に言われたのは、「肌の弱い人はアトピーや花粉症、その他の様々なアレルギーを持っている事が多いので、一般的な強い肌の人が全く反応しなくても、肌の弱い人は少しの刺激にも反応してしまうので日常的に常に気をつけなくてはいけないのです。」という事でした。
具体的に気をつけるべき点としては、シャンプーやコンディショナーを手触りや使用感で選ぶのではなく肌に優しく刺激のない、無添加タイプの物だけ使用する。
外に出る時には常にマスクをして、刺激物となる犬や猫に近づかない、また枕等の寝具や肌に触れるあらゆる物を常に清潔にする。
食べ物に関しても何かを買う場合は常に原材料を調べて気をつける等、考えられる事は出来る限り気をつける事で症状を最小限に抑える事が出来るという事です。

 

私の場合は特に気をつけずに化粧品を使用してしまったので、きっと肌に合わない成分が入っていて炎症を起こしてしまったのだと思います。

 

皮膚科に行って分かったのですが、パッチテストと呼ばれる腕や背中等で合わない成分を調べられる方法には、食べ物や生き物、木等だけでなく、化粧品の成分も詳しく調べる事が出来るそうです。
以前に一度代表的なアレルギーの血液検査を受けた事はありますが、おそらく私には他にもアレルギーを示す成分がありそうです。
特に普段から触れたり食べたりする可能性のある物だけではなく、化粧品の様に今まで使用した事のない初めての成分が入っている可能性を考えて、いつかは化粧品の成分のアレルギーに関して詳しくパッチテストで調べてみたいと思います。

 

一番良いのはアレルギー体質を改善させる事だと思います。
体質の問題なので、健康体の身体であればアレルギー反応は起きにくくなり、逆に体調を崩していたり免疫力が低い場合は反応しやすくなるので、免疫力を上げる食生活を送り身体を強くする等、自分で出来る事はしていきたいと思います。